2019年12月9日月曜日

明治に始まり令和元年6月に終えた尾道の「藤半」の長い歴史をひもとく。


東京『更科本店』の蕎麦職人だった加藤對山が暖簾分けで、信州松本から尾道に移住し、この地で『更科』を出店する。對山の尾道での生活も安定し、大正4年に松本から息子・慶一郎を呼び寄せた。商才のある慶一郎は、江戸時代から続いた尾道の料亭「胡半」を引き継ぎ、「藤半」と改名し料亭旅館として発展させる。その後、様々な変遷を経て、昭和58年四代目加藤實によって和食の店「藤半」を開業し、令和元年6月に店を閉じた。その歴史を写真を見ながら紐解いてみる。

「藤半」の長い歴史をひもとくのは、こちらのページです。

2019年12月4日水曜日

いちコン(いちじくコンフィチュール)の尾道散歩[尾道市立久保小学校]


またまた新しい遊びを見つけた。
実は、いまから数十年前、富山県美で「いいちこ」のポスターと図録に出会い、そのデザインとコピーにぞっこん惚れてしまい、その強烈な印象がず〜と脳裏に焼き付いていた。
いつかこの真似でもしたいものだと思っていて、パクリになることを承知で、数年来手がけている「おのみちいちじくコンフィチュール」を使っての尾道散歩を実行することにした。まぁ、「いいちこ」に比べたら、子供の遊びでレベルは低いのでお許しあれ!

大正9年(1920年)創業の老舗が作り伝える『おのみち如雨露(ジョウロ)』(散水用)


大正9(1920)年1月創業という「内海製作所」の四代目内海隆司さんによってつくられる手作り商品の一つが、トタン製のおのみち如雨露だ。昭和30年(1950年)代の機械を使い、一人で作るので部品制作、成型、半田(錫と鉛の合金)付けなどの作業工程を経て、製造は1日に2個から3個ぐらいという。作り手の顔が見え、愛着の持てる品々に囲まれるというライフスタイルは、「人生は自然派でなくっちゃ」というところか。ほかに時間(とき)の流れとともに変わりゆく「景色(けしき)」のあるトタン製花器、しかも予想もしない空間に花を生けられる花器づくりや「堅牢無比」をモットーにつくりあげた蓋つきのトタン製バケツなど、トタンで作るおのみちグッズをご紹介。

そんな尾道で作られるトタン製品は、このページでご覧になれます

2019年12月3日火曜日

1984年尾道にいち早くクレープ専門店が誕生していた、それが『ワンモア クレープ』だ。


尾道は商都だった。そこでは流行の先端を先取りして、魅力的な店を尾道の商店街に展開していた商人たちがいた。その一人、1960-70年代に一世風靡した石津謙介が率いる『VAN』ブランドのアイビールックをいち早く尾道に紹介した店『チェック』を開業。その後、東京の原宿を象徴する手軽なスイーツとして定着した『マリオンクレープ』を参考に、早くから着目していた尾道町の路地に1984年に尾道にクレープ専門店『ワンモア クレープ』、さらに原宿の「スパゴ」で修行させたスタッフをシェフに据え、1987年にはスパゲティ・ハウス『カサリンガ』を開業。当時の若者をワクワクさせる店を次々と展開していった。その人の名刺には『私は尾道の商人(あきんど)です。』と書かれていた。オーナーはトレードマークの赤いキャップと赤い服の「チェックの佐藤さん』こと佐藤和則さんだ。今日は『ワンモア ハウス』を紹介する。

吾輩路地ニャン公の紹介したい「ワンモア クレープ」は、このページでご覧いただけす。

2019年12月2日月曜日

尾道で一番最初にできたクレープ専門店を継承した「おのみちのクレープ屋」をご案内


まだ尾道町の路地に誰も関心を寄せていなかった1984年、路地にトレンディなクレープ専門店「ワンモア クレープ」をオープンさせたチェックの佐藤さんこと・佐藤和則さん。その店を2005年11月に継承し、店名を「おのみちのクレープ屋」と改名し、今日も頑張っているおっちゃんこと・平田水五さんに独占インタービューして、『水五』という珍しい名前の由来を聞いたのを思い出した。

2007年4月に旧WEBサイトにそのことを書き込んでいました。これがそのページです。

2019年11月29日金曜日

通信販売『尾道から全国に おいしい冬の贈り物』のご案内



尾道ラーメンといちじくコンフィチュールを全国にお届けできます。
キャンペーン期間は20191120日から2020215日迄。
資料請求をされたい方は、お名前とお客様のメールアドレス、そして「冬の贈り物
パンフを希望」とご記入の上、info@bisan.co.jpまでお送りください。
パンフレットのPDFデータをお送りいたします。

そのお申し込みは、こちらinfo@bisan.co.jpです。

路地ニャン公のWEBサイトは、JTB総合提携店の(株)ビサン ゼセッションが運営しています。当社では、JTB旅行業代理業のほかに、総合企画部門で尾道のブランドづくりの一環として、1997年から尾道の優れものを全国にお送りしています。



2019年11月27日水曜日

完全即興JAZZ CONCERT IN ONOMICHI<大音無形コンサートシリーズ>第4弾のご案内


                                                            
2017年<大音無形コンサートシリーズ>第1弾で演奏したノルウェーのドラマー、ポール・ニルセン・ラヴが再び尾道に! 今回はアメリカ・シカゴのフリージャズシーンの中心人物、サックスのケン・ヴァンダーマークとのデュオ。尾道公演のみ広島・呉出身の坂田明をゲストに迎える特別公演。