2020年11月11日水曜日

あと12時間!! 路地ニャン公の『我等、尾道派』クラウドファンディングの募集期限が迫りました。


旅籠小路で数件の家屋が跡形もなく消えていた。路地で歯抜けはいただけないが、悪いことばかりではない。歯抜けの空間からは、1964年以前の歴史にはこの世に存在しなかった「尾道城」が見るのだ。いまや観光客にはシンボリックな尾道風景として、インスタ映えの対象となっているその姿を現し、キョロキョロ目玉を楽しませてくれる。そう思って旅籠小路を別名・城見小路としようかと考えたが、それができなくなった。石垣だけが残って、4階建の建物がなくなった!! 詳しく知りたい方は写真をクリックするか、このページでも見えますぞ。


   本日をもって募集終了の期限となりました。
        余すところやく12時間!!

#HITひろしま 

#輪になれ広島



2020年11月9日月曜日

アナログのリモート日帰り旅【秋の大山】計画


この時期になると、鳥取県の名峰・大山に行ってみたいと思うのだが、ひとり車を走らせるのは、何故かしらちょっとおっくうだ。そんなことを思っていたら、以前、この11月頃に一人で大山に車を走らせ、写真を撮っていたことを思い出し、探してみたら路地ニャンの旧サイトに載せていた。
昔へ旅するタイムトンネルを潜り、2006年11月13日に戻ってみたが、デジカメの性能はやはりひと昔と現在の明確な違いが歴然としているのではと思ったが、案外性能の良いデジカメを持っていたようだ。それにしても、大きな水車の写真を撮っているが一体どこか?旅の記録のなかに書き込んでいない。 



 募集終了日まで、あと2日になってしまいました。  
    皆様、どうかご支援ください!


#HITひろしま 

#輪になれ広島











2020年11月7日土曜日

画家・村上 選(尾道在住)の描く風景

 


作家・高橋玄洋と画家・村上選のお二人に共通する師は、尾道市名誉市民である画家・小林和作(1888-1974)と中川一政  (1893-1991)である。小林和作については、高橋玄洋著「評伝 小林和作-花を見るかな」(1985年/創樹社)をご覧いただければ、その人間的魅力が十分お判りいただけるだろう。
作家・高橋玄洋の画家・村上選への高評を一部紹介しよう。

選さんの作品の特徴はなんといってもホワイトの活用だろう。彼の白は色を薄める白ではなく色をムチ打つ白なのだ。その白には味があり瀬戸内特有の温もりを含んでいる。今机の前に大山の雪景がかかっているのだが、冬の大山も彼の手に掛かると雪の温もりとして四六時観る者の冷えた心を温めてくれるから不思議である。画家・村上選の描く風景をご覧いただくには、このページへどうぞ。



   募集終了期日は残りあと4日 ご支援ください!


#HITひろしま 

#輪になれ広島




2020年11月2日月曜日

今度は2匹から4匹、コロナ禍でも、互いを信頼し寄り添う猫。


家屋の前で何やら黒っぽい毛の塊らしきものが目に留まった。車を止めて、よく観ると猫の塊だとわかり、急いで車窓からiphoneのカメラを向けて、パチリ。
この写真をみると、どうやら猫の家族が防寒のために群がっていることがわかった。その数、4匹くらい、母猫と子猫3匹と吾輩は観た。この猫たちは、日頃は外に居て自由気ままな日常を楽しみ、水と食物だけはこの家屋の主に依頼するという自由契約(いわゆる半野良)の家猫なのだろうか。そんなことを想像しながら、吾輩はその場を走り去った。
その後、ふと今朝のテレビの国際ニュースを思い出した。その観たものとはこのページをご覧になればわかりますゾ。


 募集終了期日まであと9日になりました。

2020年10月31日土曜日

JTB総合提携店(株)ビサン ゼセッションの臨時休業日のお知らせ


皆さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、引き続き営業日を週3日の(月)・(水)・(金)の平日(10:00〜19:00)とさせていただき、土・日と祝日は定休日となっております。さらに詳しい店舗情報などはこのページをご覧ください。

休業日および定休日では、0848-37-5317の留守番電話にご用件をお話いただくか、Fax.0848-37-5354 又は 路地ニャン公のトップページ一番下の緑地帯左側にある<路地ニャンにメールを送る>をご利用くだされば、後日、ご連絡申しげます。    

尾道・JTB総合提携店(株)ビサン ゼセッション



   路地ニャン公の『我等、尾道派』プロジェクト
    募集期限まで余すところ11日となりました。
        
どうかご支援ください!




2020年10月27日火曜日

尾道町を歩けば猫に当たるわけではないが、尾道の猫2



二匹の猫が喫茶店の入口のはめ込みガラスに顔を押し付けるようにお行儀よく並んで座り、中を覗き込んでいる!「何だ、何だ? お何か面白いことあるかな?」と思っていたら、一匹が吾輩の気配を感じたのか、フ〜ムと振り返ったが、中のことが気になって吾輩の存在を無視し、再び顔をガラスにぴったりつけて覗き込んだ。 そのわけを知りたい方はこのページにアクセスどうぞ。 



募集期限まで残り日数はあと14日。
上の路地ニャン公をクリックいただければ、プロジェクトの詳細がわかります。
ご支援くだされば幸いです。


2020年10月24日土曜日

尾道在住の画家・高田三徳の表現する風景とは



画家・高田三徳の絵には、通常の画家の作品のようなタイトルがない。殆どの作品は『無題』もしくは『Untitled』だ。彼がキャンバスに本領を発揮するのは、俗にいう具象か抽象かという区分からすれば抽象ということだろう。だが、吾輩はそれら全てを「風景」と呼びたい。
そしてその風景は、具象としての「風景」画という意味ではない。
画家・高田三徳がキャンバスに描き表現したい対象は、平面の中の物質感であり、彼の表現となる風景の魅力はその色感とその構成力にあるのではないか、とアートの世界でもド素人の吾輩は一人勝手に思っている。それにしても、彼の創り出す風景(平面や立体)は、吾輩にとっては、その色彩の美しさや清らかさ、それは自然の美しさに似て、何年眺めても飽きない魅力を放っている。その風景はこのページをご覧くだされい。



路地ニャン公の上記のプロジェクトは11月11日をもって終了となります。

ご支援よろしくお願い申し上げます!!