2020年5月31日日曜日

世界の視点から見た日本国の政治行政の危うさ


美辞麗句ばかり語り嘘をつく政治のリーダーたち、それとは真逆に、私利私欲なく世界に貢献した日本人も数多い。最近では紛争と貧困の国アフガニスタンで、身を挺して人道支援活動を行いながら兇弾に倒れた医師の中村哲(なかむら てつ1946-2019)、日本人初の国連難民高等弁務官などを歴任し、国際舞台で活躍された国際政治学者の緒方貞子(1927-2019)、彼らの語る行動と言葉に嘘はない。
2020529NHKWEB特集 「危機対応で政治行政に問われるものは 国連 中満事務次長に聞く」を目にした。緒方貞子に学び、国連本部の事務総長、副事務総長に次ぐ事務次長ポストで軍縮担当上級代表として活躍している中満 泉(なかみつ いずみ1963 - )、その彼女がインタビューに応えて語る内容には、主権在民である一人の国民として耳を傾けるべきだろう。私たちは新型コロナウイルス後には、自律した「NO」といえる日本人でありたいものだ。中満 泉さんが語った内容は、このページでご覧ください。

2020年5月24日日曜日

スウェーデンから届いた便り

マリア・フォシュストローム

WEB SITE「北欧からコンニチワ(https://ameblo.jp/kattsingen/)」の里子ベルエル(Satoko Berger)さんは、スウェーデン在住36年で、中世、ルネサンス、バロックの舞踏が趣味。彼女は大の尾道ファンで来訪歴は数え切れない。ご主人のスヴェン ベルエル( Berger /音楽家)さんは、元イェテボリ大学の教授で古楽のパイオニア。お二人で古楽中心のCD製作会社 MUSICA REDIVIVA を経営されている。
また彼女から数年にわたり、スウェーデンの優れた音楽家たちを日本各地や吾輩の住む尾道にご紹介いただいた。その音楽家の中でも、尾道に数回にわたりお越しいただいたマリア・フォシュストローム(コントラ アルト)アンドレアス・エードルンド(鍵盤楽器奏者)のお二人が、今回バッハのマタイ受難曲からコロナヴァーションを演奏されたので、そのYOUTUBEをご紹介くださった。

2020年5月12日火曜日

尾道最古の画廊喫茶「孔雀荘」



尾道の昭和の代表的な近代建築のほとんどが尾道市所有のものだったが、そのほとんどが壊されてしまう運命にある。その理由は近代建築物の文化的価値の将来的な重要性を理解せず、スクラップ&ビルドという過ぎ去ったバブル期の価値観を未だに信奉するところにあるようだ。
そんな中、歴史を生かしながら後世に伝えていこうとしている心ある尾道市民も居る。尾道最古の画廊カフェ「孔雀荘」の後継者がなく閉店せざるを得なくなったという話を聞きつけ、1996年に広島から尾道に移住してきた一人の女性によって、その建物と精神が今も脈々と引き継がれている。
この「孔雀荘」を拝見できるのがこのページです。




2020年5月8日金曜日

小さな庭の四月の花たち



自然界では何事もなく季節はめぐっている。庭に美しく咲く花たちに毎日のように顔を合わせ「きれいだねぇ」と思っていると、吾が飼い主は心豊かになるという。なぜだろうか。
ハグをすると「オキシトシン」というホルモンが分泌される。オキシトシンはスウェーデンのほとんどの国民が知っているもの。それはオキシトシンタッチケアという、10分あまり肌(手や背中など身体)に直接他者の手を当てる「触れるケア」を数日間続けてもらうことで、脳内に幸せホルモン「オキシトシン」が分泌され、ストレスホルモンを抑制し痛みの緩和、認知症の人の乱暴な言動が減るなどの効果があるというもの。これは広島在住の脳外科医だったYさんが30年余り前に作った造語を赤瀬川原平さんが広めた「脳内リゾート」に通じるものだね。

2020年5月5日火曜日

尾道の路地をバーチャル散歩しよう!!


2020年4月7日、新型コロナウイルス感染拡大により日本の「非常事態宣言」が発出され1ヶ月経過した。しかし「接触機会の8割削減」の実現にいたらず、さらに概ね5月31日まで延長された。頼りない日本国民の一人である吾輩の飼い主は、何かお役に立つことはないかと考えていたようだが、何も思いつかぬまま今も日々を過ごしている。

2020年3月29日日曜日

ノーベル医学生理学賞受賞者の「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」




ノーベル医学生理学賞受賞者で京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんが、日本国民に向けて、新コロナウイスル情報発信をWEBサイトで開始された。なぜ、このWEBサイトを開設したか、山中伸弥さんは[プロフィール]欄で次のように語っている。
『幹細胞の研究者です。感染症や公衆衛生の専門家ではありません。しかし、国難である新型コロナウイルスに対し医学研究者として何かできないかと考え、情報発信を始めることにしました。自分でホームページを作るのは15年ぶりですが、頑張って最新情報を発信していきたいと思います。』

2020年3月11日水曜日

新店舗の串カツ「一口」



写真と文章だけでは、新店舗の串カツ「一口」の雰囲気をお伝えできないと思い、移転して1年くらい経った2019年11月のある日、「一口」のご主人の特別許可を得てビデオ撮りを行った。その後、吾輩にはチンプンカンプンなビデオ編集の研修を試みたが、講師から見れば「暖簾に腕押し」状態で、吾輩には有難いお経の如くに聞こえるだけで、脳細胞を右から左へ駆け抜けていく。まったく編集の知識が蓄積されないまま、終わってみれば臨場感あるお店の雰囲気が伝わってくるビデオに生まれ変わっていた。路地ニャン公のNEW WEB サイトで記念すべき最初の動画ですぞ!
講師の方に感謝しながらこのページを改めて公開する。

2020年3月8日日曜日

吾輩の飼い主の日替わりランチ



吾輩のご主人が元気でいるのは、どうやら朝食と昼食にあるらしい。朝はたっぷり時間をかけて10種類をこえる食材を使って調理し、食する。昼は、行き付けのお店でこれまたゆったりした時間と音楽にどっぷり浸かり、ヘルシーな日替わりの定食を楽しんでいることが元気の源で、それに天性の楽天主義か。これでは、現在進行中の医療革命の恩恵を受け、100歳を優に超える寿命が可能となるのではないか。「となると、いっそのこと生き方を全面的に変えてしまうか。」と吾輩のご主人の独り言。
吾輩の飼い主が日替わり昼定食を食しに通うお店と定食を密かにご紹介するのはこのページです

2020年3月2日月曜日

お好み焼いのうえ



かつては、と言っても今から22年前の土堂海岸通りは、尾道的風情のある通りだった。
それが行政の道路拡張計画による家屋の一斉セットバックや尾道駅前再開発で、どこにでもある、ありふれた通りになってしまった。そんな土堂海岸に今年3月で創業30周年を迎えるという「お好み焼き いのうえ」がある。この店内に入った途端、1990年代の尾道的風情のある世界に迷い込んでしまう。その雰囲気に少しでも浸りたいと思われる人に必見のページをご紹介しよう。

2020年2月11日火曜日

郷土味かけはし



尾道では徐々に質の高い料理を提供する若い料理人が育っている。その一つが、この「郷土味かけはし」のオーナー料理人だろう。2020年2月4日久々にこの店に行き、料理写真を撮ってきた。料理人のテーマは、「何度お越しになられても食べ飽きない料理を」。その写真をご覧できるのはこのページだ。

2020年2月6日木曜日

尾道の猫2-野良猫の貴公子



シンプルな白と黒でコーディネートされたロンゲの装い。まっすぐ見つめるオレンジ色の瞳が印象的だ。これはタダ者ではない!!
何ともの言えぬ高貴な品位をほのかに放っている。これはそんじょそこらの猫とは違う。猫の貴公子だ。

この野良の貴公子猫を一眼でも見たいというお方はこのページを覗くと良い。

2020年1月7日火曜日

表入口とその奥の角あたりの表情がこんなに違う、「昭和通り」



「吾輩は道である。名前はまだない」という道が最近多くなった。そんな中で小さな路地に名前がついているのは、その町に歴史があるということだ。それでは「昭和通り」という名の由来は?という質問にお答えし、路地ニャン公がこの「昭和通り」に更なる尾道の昭和の歴史をプラスしてディープに語った味の濃い路地解説、その後の激震!!「尾道町の内部崩壊」でリニューアル。

その内容をお知りになりたいお方は、このページを覗くと良い。

2020年1月5日日曜日

福袋付き尾道弁じゃ



吾輩・路地ニャン公は、自らの独断と偏見による浅知恵に従い、明治31(1898)年の尾道市制以前の「御調郡尾道町」とその隣接する地域にあえて限定し、そこで暮らすご高齢の方々に話ことばである「尾道弁」のヒアリングをちまちまと試みてきた。その結果が、ちょびっとまとまったので、大々的に「これが尾道弁じゃ」と公開した次第。皆さんはどれぐらい「尾道弁」が理解できたかな?なお、タイトルの福袋付きとは何かは、Websiteをご覧いただければお分かりになるはず。

収集した「尾道弁」は実に面白い話ことば。それを記載したページがこれです。

2020年1月3日金曜日

日本の猫3(世界遺産・石見銀山のある大森町の猫)



島根県大森町にある群言堂、そのショウーウインドウには存在感のある猫が居た。それはまさしく江戸時代の銀山を統括する威厳ある代官のようだ。そして「歩むは吾が道」とばかりの唯我独尊の猫や仲良し子よしの猫一族。世界遺産・石見銀山のある大森町の猫たちも個性豊かだ。

大森町の猫たちにお会いされたければ、このページをお開きください。

2020年1月2日木曜日

超スリムな家と複雑な6+2差路の防地口


歴史都市・尾道の証が防地口の複雑な6+2差路だ。そんな交差点だからか、毎日見ている風景だが、観てはいなかったのだろう。ある日突然、防地口の脇にあるこの物件が吾輩の目に飛び込んできた。思わずニンマリしてしまう家なのだ。超スリムな2階建の家屋が、脳細胞を活性化してくれる。

それを案内したのがこのページです。